2022年01月25日

みんな分断させる根本は同じ

facebookの坂田君の投稿

「言うほど大したことはなかった」
「煽り過ぎ」
「後遺症?心因性じゃないの?」

なるほど。確かにそうかもしれない。
で、今何の話をしています?

新型コロナの話?
ワクチンの話?
あるいは原発事故の話?
水俣病の話?
ひょっとして原爆の話?

大切なこと教えてくれた!

ワクチンパスポートで自由の制限したり、
囲い込みをしているのが今回の特徴。

いやいや、他のだって名を変えて
隔離、分断してるなぁ!

分断されないように相手を尊重し、
よく話してみよう!
posted by m_ochiai at 09:42| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月10日

『環境と経済』(その2)オンラインセミナー

NPO法人ネットワーク『地球村』代表 木善之さんのオンラインセミナーのご案内

1月23日(日)オンラインセミナー
・テーマ『環境と経済』(その2 私たちは何ができるか)参加費2,000円
・お申込みいただくと参加方法をご案内します。
 → https://nev0.com/0123

※参加できない方も、お申込み(2,000円)いただくと当日のYouTubeをご案内します。お申込みは上記URLから。
posted by m_ochiai at 21:18| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月07日

解放感

昨年の11月末に、足の甲の骨を折ってギブス、松葉杖の姿に
20211201_114001.jpg
20211129_120227.jpg

人生で初めての窮屈生活

足首を曲げれないと膝も足も弱る…
と思い、できる限り空中で動かしたりしたが…

今日、ギブスを取って普通に歩けた!

この解放感、忘れてはいけないいろいろな学びがあった6週間

まだ歩き方はぎこちないが、自由だ!

うれしい

リハビリを1ヵ月と言われているが、これは自分でできるのでパス!
posted by m_ochiai at 21:28| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月05日

菌ちゃん先生、大活躍!

幼稚園や保育園、小学校での菌ちゃん野菜作りを教えている菌ちゃん先生事吉田俊道さん。

菌ちゃん先生に野菜作りを習う人々や半農半Xで自然農をされる人、農業に身を投じる人が増えています。

それにともない、自分が地球に生かされていることを実感し、自然界への感性を大きく変えていく人もどんどん増えています。

菌やウイルスなどの微生物への認識が変わってくるようです。
今まで敵と思っていた雑草と呼ばれている草やウイルス、菌やモグラなどの害獣やゴミだと思っていた生ごみ、野菜くずにも大切な役割があることを実感し、相手を殺したり、捨てたりするのではなく、折り合いをつけたり支え合ったりして生きる道があることに気付いていく人々が増えています。


そのことで、今までの常識を見直し、やがて1人1人が、今の世の中の異常さに気付き、自分で考えて行動するようになっていくのでしょうね。
ウイルスや菌を敵とみて抑える薬やワクチンを打つより、自分自身の免疫力をあげ、共生していくことにより、より健康になっていく道もあるはずです。

戦いから、みんなの良いところを見つけて生かして助け合う共生の社会をすすめると、世の中は良い方向に変わっていくでしょう!

吉田俊道さんたちがすすめている「菌ちゃん野菜づくり」は、そのための原体験になると思います。
なにより面白くて実益があるので、これからどんどん広がっていくでしょう。

菌ちゃん先生と柴咲コウさんの【森の暮らし】有機野菜収穫間近!土壌診断&苗植え、種まき



下記動画も見てくださいね。
https://kinchan.ocnk.net/page/2

菌ちゃん先生大活躍ですね!
posted by m_ochiai at 15:15| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二つの難病

昨日の『歎異抄』の続き

苦しいこと、つらいこと、悲しいできごとが、いろいろやってくる人生ですが、そんな人生をなぜ生きるのか?
その答えが示されている『歎異抄』に、今、多く人が関心を寄せてブームになっています。


しかし、古文だし、仏教用語が一杯ある仏教書なので簡単ではありません。
『歎異抄』は確かに分かりにくい。

東大の偉い先生も読み間違うほどだから…

でも、数多くの仏教書で、一番、多くの人に読まれているのが『歎異抄』です。
しかも、著名な作家をもうならせる美しい名文で書かれているのも人気の理由の一つです。


ということで、昨年の12月に発刊された『歎異抄』入門書の決定版『歎異抄ってなんだろう』(監修:高森顕徹師、著者:高森光晴師、大見滋紀師 1万年堂出版)をお勧めいたします。

20220104_120125.jpg

★『歎異抄ってなんだろう』紹介ページ
https://www.10000nen.com/books/978-4-86626-071-6/


たとえ話で『歎異抄』の言わんとしていること、仏教の神髄が分かるようになっています。

全ての人は二つの難病を抱えています。
一つは治らない難病
もう一つは治る難病

その難病を治す宇宙一の名医がおられて、その名医が阿弥陀如来
阿弥陀如来まで案内してくださるのがお釈迦様

名医が苦労して難病を治す薬を完成されました。
それを飲んだ人は、今この時に極楽往生できる身にさせていただきお礼の念仏を称えています。

ということを分かりやすく書いてあります。

全人類が患っている二つの難病とは、

一つ目の治らないのが、煩悩
欲や怒り、愚痴などです。
欲には食欲、金銭欲、睡眠欲、名誉欲、色欲などがあります。
あぁ、このどれもなくしたら生きていけない…

怒りは無謀に始まり後悔に終わると言われるように、怒りで失敗することも多いですね。

そして、お釈迦様が一番戒められたのがねたみ、嫉みの愚痴です。

これらは、口に出したり体でやったりしていなくても、心で思ったらだめなんです。
心が口や体に行いをさせる黒幕ですから、要注意です。


仏教の根幹は因果の道理です。
いい運命を求めたいなら、未来を良くしたいなら、
悪いことをやめて、善いことをしましょう「廃悪修善」!
が仏教の勧めです。

しかしながら煩悩という病なしでは生きていけないので治すことができないのです。
善い種を蒔きながら、ほんの少しづつでもお役に立ち暮らし方をしたいと思います。


二つ目の治る難病、それが一番今の人生を決めている難病なのですが…
死んだらどうなるのかわからない病なのです。
死んだらどうなるかわからないから暗い、「無明の闇」
だから、未来が暗いから現在も暗い。

この病が治ると絶対の幸福になり、極楽往生できる身に今現在なります。

親鸞聖人はこの病を見事治されて、治す方法を教えておられます。
これは親鸞聖人が見つけたものでも発明したものでもなく、お釈迦様が説かれた教えなのです。
仏教にはこの教えが書かれています。

『歎異抄ってなんだろう』にはわかりやすく解説してあります。
最後には原文の載っています。
名文なので何度読んでもほれぼれします。

暗記している人も多いそうで、今年は『歎異抄』を暗記しようと思います。

以上、『歎異抄ってなんだろう』是非読んでみてください。
お勧めでした。






posted by m_ochiai at 13:45| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月04日

私の愛読書『歎異抄をひらく』

『歎異抄』を読まれたことがありますか?

私は本の名前は学生の時から知っていましたが、なんとなく敬遠していました。
2年前に仏教を学び始めたご縁があり、『歎異抄』を読んでみようと思いました。

新聞広告で高森顕徹先生が書かれた『歎異抄をひらく』が出ていたので、これがいいかなぁと選んだのですが、大正解でした。
20220104_121026.jpg

『歎異抄』の解釈本は、この本が発刊された年までは年に10冊くらい毎年発刊されていたそうです。
しかし、『歎異抄をひらく』が発刊された2008年以降、一冊も出ていないそうです。

というのは、『歎異抄』って実はカミソリ聖教と言われ、間違って解釈されることが多かったようです。
東大の名誉教授さえも読み違えて、「念仏を称えたら救われると教えたのが親鸞」と教科書に書いたのです。
私も中学校の時にそのように習い、まったく親鸞聖人の真意からかけ離れた理解をしてしまっていました。

『歎異抄をひらく』はそれらの読み誤りなどを正しながら、分かりやすく意訳と解説、そして原文が載せてあります。

何回も読んで今では、私の愛読書になっています。







posted by m_ochiai at 12:52| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お絵かきムービー

『地球村』の大事な仲間のかん子ちゃん
大けがした後、
人生塞翁が馬!
自分の好きなことをやってみようと
チャレンジされた「お絵かきムービー」
かん子ちゃんのマイブービーを見てください





素敵でしょ(^^)/

何事も誠実に取り組むかん子ちゃんです。

お仕事のCMを作りたいなぁ
子どものウエディングの記念に贈りたいなぁ
両親の結婚記念に、還暦のお祝いになどなど

動画制作のご相談、ご注文は、以下のメールアドレスにお願いします。
kankochan34@gmail.com

何事もまじめに、誠実にそして優しさあふれる
かん子ちゃんの「お絵かきムービー」
よろしくお願いいたします
posted by m_ochiai at 11:56| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月02日

人身受け難し、今已愛く

昨日は私の誕生日でした。

仏教のご縁を頂いた方から、誕生日のプレゼントいただいた。
皆さんにシェアしたいと思います。

------------------------------------------------------------
人身受け難し、今已に受く。
仏法聞き難し、今已に聞く。
この身今生に向って度せずんば、さらに
いずれの生に向ってか、この身を度せん。(お釈迦さま)
------------------------------------------------------------
「生まれ難い人間に生まれることができてよかった。
 聞き難い仏法を聞くことができてよかった。
 そんな生まれがたい人間に生まれ、
 聞き難い仏法を聞けた今生に、人生の目的果たさねば、
 いつ果たすというのか。永遠のチャンスは今ですよ」


お釈迦さまは、
人間に生まれることは大変有り難いことだと、
つねづね教えておられました。

その上、仏縁に恵まれるのは、
一劫は気の遠くなるほどの長期間なのに、
------------------------------------------------------------
無上甚深微妙の法は百千万劫にもあいあうこと難し
------------------------------------------------------------
と、百千万劫にもないことだと説かれています。


それにもかかわらず、
このように同じ時代に生まれ、
共に仏縁を結ばせて頂けたのは、
大変な有り難い、過去世からの尊いご縁です。

そんな人間に生まれてきたことには、
生まれてから死ぬまでにこれ一つ果たさなければならない
大切な目的があります。

今年も大切な目的を達成するために聞法精進させて頂きたいと思います。
posted by m_ochiai at 08:56| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月14日

「環境と経済」木善之氏オンラインセミナー

コロナで経済どうなるのだろう
地球温暖化で環境はどうなるのだろう
子どもたちは大丈夫…
不安や悩み、疑問がいっぱいの毎日
この先どう生きればいいのだろう?

不安や悩み、疑問を吹き飛ばす、
「環境と経済」について、一緒に考える
ネットワーク『地球村』の木善之氏のオンラインセミナーがあります。

===================================
◇テ ー マ :環境と経済
  経済成長は本当に必要❓
  経済成長はいつまでも続けられる❓
  経済成長するとみんなが豊かになれる❓
  国の借金や私たちの貯金はどうなるの❓
  そして、地球環境は…
◇講  師:木善之氏(ネットワーク『地球村』代表)
◇日  程:11月28日(日)13:00〜15:30
◇参加方法:Zoom(無料Webアプリ)もしくはYouTube
     ※12月15日(水)までYouTubeで視聴できます。
◇参加費用:2千円
◇申込方法:https://nev0.com/1128
 参加費用のご入金にて申込受付とさせて頂きます。
◇問合せ先:ネットワーク『地球村』
      TEL 06-6311-0309(平日10時〜16時)
      FAX 06-6311-0321
      E-mail  koen@chikyumura.org

===================================

「美しい地球を子どもたちに」残すために
一緒に活動しませんか?
そのきっかけとして、是非ご参加ください!

posted by m_ochiai at 23:03| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月26日

業界(ごうかい)

「自分は職場の雰囲気を楽しくしたいので笑顔で語りかけているけど、とってもつっけんどんな態度の上司。みんなも雰囲気が悪いので嫌っている。この嫌な人と一緒に仕事をしなければならないのが悩み。お釈迦様ならどうお答えされますか?」

と、仏教講師に尋ねました。


すると「業界(ごうかい)」のお話をしてくださいました。

「体の行い(身業)、口の行い(口業)、心の行い(意業)の三業によって、一人一人別の世界に生きているんですよ」

「同じところにいても別の世界なんですか?」
不可思議すぎて、分かったような分からんような、頭はしばし混乱。

「Aさんと、Bさん、Cさんは同じ場所にいるようでも違う「業界(ごうかい)」で生きているんですよ」
と、詳しい事例を示してくださいました。
(これ省略)

「なるほど、業界が違うから分かり合えないのですね」
(すごく納得)


別々の世界に生きている人が分かりあえることは不可能。
少しでも近づくために、自分の「ものさし」を抜いて相手の立場で考える。
と言っても、業が違うのだから想像の域を超えない。
ある意味、いくら「ものさし」を抜いても自分の思い込みの相手の立場である。
相手に良かれと思っていることも、凡知の私がするのだからとんでもないことであることもある・・・

別の世界に生きている人に善など、できっこない。
でも、分からないからしないのではなく、自分で良かれと思うことをしていこう。
それは、たぶん自分が一番楽しいこと、うれしいことじゃないかなぁ。

だから、その人が嫌なら会わないようにするとか、
自分の居心地をよくするために、嫌いな上司のことを陰でほめるとか
(まわりまわって上司に聞こえると少しは関係が改善するかも)
自分の「業界」を知ってもらうために単刀直入に、自分の思いを申し入れるとか
いろんな方法が見えてきます。


「一人一人がそれぞれの「業界」で別々の世界に住んでいることが分かると、どうすればいいか見えてきそうですね(^^)/」

「今日も楽しい仏教講座でした(^^♪
先生、ありがとうございましたm(__)m」「合掌」

こんな感じの仏教講座でした。

お釈迦様は対機説法と言って相手に合わせてお教えてくださり、それが7000余巻にもなったというのですからやはり仏ですね。
すごい!

#仏教 ♯悩み
posted by m_ochiai at 23:58| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする