2016年11月11日

脳の使い方は簡単!

平本あきおさんのメルマガにこんなお話が載っていました。

ここから転載========
脳の使い方は簡単。起こって欲しいことを想像する。

「ミスしたら、残業だぞ!!」って言われたら、
ミスしている場面と、残業してる場面が思い浮かぶ。
   
「正確にやれたら、早く帰れるぞ!!」だと、
正確にやれてる場面と、早く帰る場面が思い浮かぶ。
  


私から学んでいる、ある看護学校の先生。
今まで実習に「遅刻しないように!!」何度言っても遅刻が。
  
でも、「余裕を持って来るように!!」って言うと、
なんと!!

120人の生徒全員が、初めて遅刻ゼロに!!
  

中には、1時間も早く、実習先に到着していたので…、
 
「どうしたの?!どうして、こんなに早いの??!!」
聞くと
「先生が余裕持って来るように」って言うから。笑
  
脳には、否定語も肯定語も通用しない。
言葉から連想する場面だけに注意が向き、
無意識レベルで行動する。
 
これからは「どうなったらいいか?」を、
連想させる言葉を使い始めること。

「起こって欲しいこと」は?
 
アドラー心理学の「目的論」。
「起こって欲しいこと」に意識を向けると、
それが増える。

==========

わぁ、簡単なんだ。

いつもギリギリでハラハラしながら待ち合わせに行っていたけど、
「〇〇時に行かなければ」とインプットしないで
「〇〇時の約束。余裕を持って行こう」とインプット。
早速明日から、試してみよう。

この頃は脳に関する学びが多い。

潜在意識がどんどん変わっていっているような気がするヽ(*´∀`)ノ

posted by m_ochiai at 00:15| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

紅葉のミホミュージアム

今日は、琵琶湖の南、自然豊かな湖南アルプスの山中にある“MIHO MUSEUM” に行きました。

着いたらすぐに、レストランでランチ。
奮発してスパゲティのフルコース3000円なり。
自然農法で作った野菜と古代小麦のスパゲティ。
みんな無農薬無化学肥料の作物。
ぶどうと米酢、黒砂糖を炭酸で割ったジュース
KIMG0426.JPG
前菜は、
たもぎ茸、蕪、じゃがいも、さつまいも、玉ねぎ、クレソン、ミヤマ蕪、かぼちゃ、れんこん、レタスの味噌クリーム添え
KIMG0427.JPG
スープは、
菊芋のスープ、菊芋のチップを浮き実に
KIMG0431.JPG
メインは
トマトソーススパゲティ
KIMG0432.JPG
バジルソースと唐辛子ソース
KIMG0434.JPG
デザート
豆乳と抹茶のアイスクリームとロールケーキ
KIMG0437.JPG

美味しいしヽ(*´∀`)ノ

食べ終わってレストランからミュージアムまで歩いていくことに。
7分ほどの散策です。
紅葉、トンネル、ほとんどが半地下で自然の風景を壊さない設計。

KIMG0440.JPGKIMG0443.JPGKIMG0442.JPGKIMG0444.JPGKIMG0448.JPG

ミュウジアムでは、
尾形乾山の器や掛け軸、インド王族の宝石など素晴らしいお宝を見て、目の保養ができました。
KIMG0452.JPG

KIMG0453.JPGKIMG0454.JPGKIMG0456.JPGKIMG0457.JPG

しかし、なんといっても湖南アルプスの山中にあるミュージアムの佇まいと自然との調和が素晴らしかったです。
もうすっかり秋で真っ赤な紅葉が山に彩りをポッと添えてくれていました。
KIMG0460.JPG


posted by m_ochiai at 23:01| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

ひさしぶりのブログ

半月ぶりのブログ。
ヨガや俳句教室の後期が始まったことと
国際風水気学協会の100万倍日に浜松、
メンタルセミナーに境港に参加したり、
映画「生きたひ」をみたり、
収穫祭に総社に行ったり、
KIMG0394.JPG

ネットワーク『地球村』の通信の編集の仕事をしたり、
リボーンプロジェクト(自己啓発)の
日課をこなして習慣化したりで
新しいことや旧友との再会など
置き去りにしてきたことを見直していたので、
ブログは書く気にならなかった。

いや、ブログに書きたかったのだが、
丁寧に書く時間が取れなかったので諦めた。


自分の中で信念が揺れ動いている。
無意識部分の書き換えが進んでいるので、
面白いことになりそうな予感。

もう少し落ち着いたらブログを日課に入れよう。

posted by m_ochiai at 08:16| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

ゴミ拾い犬のもも子

ゴールデンレトリーバーの「もも子」
「ゴミを拾う犬 もも子」の本で有名だ。
momokoposuta2.jpg

10年前の今日、14歳でなくなった。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~banryu/html/dog_momoko.html

もも子は、ご主人と朝夕欠かさず河川敷に行ってごみを拾っていた。

もも子は、ガラスの破片で足を怪我したり、危険な農薬の入った容器を知らないでくわえて帰ることもあった。
もも子が、川に浮かんでいた黒いビニール袋を川に飛び込み岸辺に持って帰ろうとしたとき、一瞬動きが止まった。
中には子犬の死体があった。

ほかの犬は、「無駄なことをしているね。少しくらい拾ったって、どこだって人間が捨てたゴミで一杯だよ。せっかくの美しい毛並みがドブ臭くなってしまうよ」と言った。

しかし、もも子は「このゴミが川や海を汚し、仲間の動物が苦しむのを、ただ黙って見ていることはできないんだよ!」と
言いながらゴミを拾った。

もも子の活動が有名になり、ごみが減らない現状を何とかして欲しいと議会に請願が提出され、岩手県内初となった罰則付きポイ捨て禁止条項が施行された。

ガンジーの言葉を思い出した。
mahatmagandhi.jpg

「私がすることのほとんどは無意味かもしれないが、それでもしなければならない。
それは世界を変えるためではなく、世界によって自分が変えられないようにするためだ。」
(マハトマ・ガンジー)

posted by m_ochiai at 20:08| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

映画「君の名は。」

今日は、俳句講座の後、「君の名は。」を観に行った。

田舎の女の子と、都会の男の子が何故か入れ替わってしまうというストーリー。
千年ぶりとなる彗星の来訪の一カ月前、その不思議な現象が始まる。

女の子の家は、代々の神社。父は婿養子だったけど妻を亡くしてからは娘を残して家を出て今は町長。
女の子がおばあさんから習っている組紐や巫女になってご飯をかんで作るお酒などがこのストーリーの重要な伏線になっている。

都会と田舎を結ぶものは。
ふたりを結ぶものは。
ふたりの時間は。

二人は会えるのかな。
場所と時間が自在に変化する不思議ワールド。

絵は綺麗なのでホッとする。
ふすまの敷居や電車の扉の開け閉めなど、スピード感のある場面展開のアングルなど新鮮さを感じた。
ストーリーもわかりやすい。

でも、胸を動かす感動がイマイチかなぁ。

とはいえ、ゆっくりした時間が楽しめました。
ありがとう!

いい映画や、いい本を読んで心を豊かにして、行動に結びつけようと思う。


posted by m_ochiai at 22:59| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

今日は敬老の日

今日は敬老の日

「敬老の日」はどう考えますか?
ダイヤモンド社のビジネス情報サイトに面白いアンケートがありました。

「親孝行」どう考える?1000人大アンケート!
http://diamond.jp/articles/-/102306

親の考えることと子どもの思うことは随分ギャップがありますね。

自分の親に対して十分な親孝行をしてきたか?
親世代は
そう思う34.1%
そう思わない48.2%
子世代は
十分に、それなりにが 52.6%
まだできていないのでこれからする 45.6%
親孝行するつもりはない 1.8%
↑↑
えっ、考えられない

親孝行とはに対する考え方の随分違います。
親は、子どもが健康で、暮らし向きも堅実で困っていないことを上位の1.2に上げていますが、
子どもは、親に対していろいろしてあげることを親孝行と思っている人が多いようです。

親世代の私としては、やはり子どもが健康であること、経済的に安定し幸せな家庭を持っていること
つまり心の安心が一番親孝行だと思います。
子どもがいるだけで幸せですありがたい

お互いに感謝の言葉を掛け合うと心がほんわか幸せになりますね。

ダイヤモンドのアンケートを見ながら、人それぞれ親子の関係があるんだなぁと面白く思いました。
もう両親とも泉下の人ですが、心の中でありがとうとつぶやいています。
posted by m_ochiai at 08:56| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パラリンピック

リオ・パラリンピックは今日、閉会式ですね。
12日間、パラリンピックの選手たちは、
障害を忘れさせる圧倒的な力や技をみせ、
観客を感動させました。
そこには陳腐なお涙頂戴はありません。
アスリートとしての生き様があり、
障害者を超えて、選手の努力の過程と
そこに映し出された真の姿に人々は感動したのです。

20160918-00000218-sph-000-3-thumb.jpg

パラリンピックを通して、
社会の障害者に対する見方、向き合い方も
変わってきたのではないでしょうか。

2020年東京オリンピックでは、
パラリンピックとオリンピックを
統合したらどうだろうという意見があります。

私は賛成!

急にできないとしても、その考えに少しでも近づく
オリンピックを作っていってもらいたいなぁと思います。

オリンピック憲章には
「スポーツの実践はひとつの人権である」と明記されています。

白人のオリンピックと有色人種のオリンピックと分かれていてはおかしい。
男性のオリンピックと女性のオリンピックと分かれていてもおかしい。
それと同じように、障害のあるなしにかかわらず、
競技のつくり方で楽しめるスポーツの祭典
オリンピックができるのではないでしょうか?

障害が例外としてではなく、
ふつうのこととして扱われる世界になるためにも、
東京オリンピックがその一歩を踏み出してほしいと思うのです。

現実の政治も障害者に優しい施策を
盛り込んで欲しいものです。

それがみんなの幸せにつながるから

posted by m_ochiai at 08:12| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

日本がもし100人の村だったら:選挙編2016

【日本がもし100人の村だったら:選挙編2016】
[改変、転送、転載、自由]FACEBOOK 村上さと子さん記事より
日本がもし100人の村だったら
51人が女性で、
49人が男性です。
84人は選挙権をもっていますが、そのうち、
2人は今度あたらしく選挙権をもつ18歳の人です。
14人はまだもっていません。
あとの2人は外国籍の人で、いくつになっても選挙権をもてません。
選挙権のある人を100人とすると、
2009年の選挙のときは、
59人が投票し、
41人が投票しませんでした。
2014年の選挙のとき、
53人は投票しました。
47人は投票しませんでした。
投票する人が減っています。
2014年の選挙で、
一番たくさん投票したのは60代の人たちで、
18人いるうちの12人が投票しました。
一番投票しなかったのは20代の人たちで、
13人いるうちの4人しか投票しませんでした。
これは大きな問題です。
なぜなら、選挙の結果は、
投票した人たちだけでなく、
投票しなかった人たち、
そして選挙権のない人たちにも
おおいに関係があるからです。
たとえば、村には借金がいっぱいあります。
今の大人たちは
「自分たちは借金を返したくない、
子どもたちが大人になったら何とかしてもらおう」
という政治家を選ぶかもしれません。
「憲法を変えて、
個人の自由や権利より、
国の都合を優先しよう、
また将来、
子どもたちが戦争に行けるようにしよう」
という政治家や、
「働く人の賃金を安くできるようにしよう、
簡単にくびにできるようにしよう」
という政治家を選ぶかもしれません。
また、
「保育園や奨学金を増やすより、
新しい道路や大きな建物を作ったり、
防衛費をもっと増やそう」
という政治家や、
「原発をなくすのは、できるだけ後にしよう」
という政治家を選ぶかもしれません。
「そんなのいやだ」と思っても、
18歳未満のみなさんは、まだ政治家を選べません。
こんど選挙権を持った18歳以上の人たち、
そしてあまり投票に行かない20代の人たちは、
まだ選挙権を持たない人たちと、
長い間、いっしょに生きていきます。
村の借金は、今の大人が返すのか、
それとも、若い人たちが引き受けるのか。
村の人たちは、何を本当に必要としているのか。
この村は世界のために何をしたらいいのか。
そして将来、
わたしたちはこの村をどんな村にしていきたいのか。
選挙権をもったばかりの若い人たちは、
まだ投票する権利のない人たちの代表として、
もっと年上の人たちよりも、
真剣にそういうことを考える必要があります。
なのに投票に行かない……。
投票に行かなければ、
いつかこの村は、自分たちや、
18歳未満の同級生や下級生が、
まったく望んでいなかった姿になってしまうかもしれません。
18歳未満の人たちも、もうすぐ選挙権をもちます。
自分たちだけでなく、弟や妹たちの運命も握るのです。
どうかみなさん、
選挙権をもったら、
みんなで一緒に投票に行きましょう。
きっとですよ。
【参考】
衆議院選挙年代別投票率の推移
http://www.akaruisenkyo.or.jp/070various/071syugi/693/
参議院選挙年代別投票率の推移
http://www.akaruisenkyo.or.jp/070various/072sangi/679/
自民党改憲草案
http://constitution.jimin.jp/draft/
自民党改憲草案の条文解説(個人のサイト)
http://satlaws.web.fc2.com/

13260080_590100007819295_4639918279743404626_n.jpg13220959_590102861152343_4226807060028988913_n.jpg
posted by m_ochiai at 23:07| 兵庫 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

熊本地震の心温まる連携プレイ

我が家のお米がそろそろなくなるので、竹内さんにお願いしてお米を送っていただこうと思っていたところ、竹内さんからメール。
お米そろそろないのではと。
わぁ!
すごい、以心伝心!
そして熊本地震の被災者支援に行かれたことを聞きました。
th (2).jpg
竹内さんは元総社市長で今はお百姓さんです。
竹内さんの作られたお米は無農薬、無化学肥料で皇室献上米。
とっても美味しいのです。
東日本大震災の時も、支援物資の集積地である遠野市まで4トントラックにお米をいっぱい積んで、お一人で運転して持って行かれました。たまたま、私も遠野市で支援や減災について学んでいたのでお会いして、お話を聞いてびっくりしました。

今回も熊本に行って支援をされました。
メールを転載の許可を頂きましたので転載します。

ここから=====
熊本地震。発災から1週間経過した時、何かお役に立てばと日本会議熊本の多久理事長に電話したところ、「炊き出しは、喜ばれると思います。自由民主党熊本県連が、避難所への橋渡しをしているので、前川幹事長に電話してください。」とのこと、早速幹事長へ電話。「炊き出しは、大変ありがたい。いつ来てくれますか。?」「明朝、出発します。」と答えると同時に、資材の準備。大鍋とかまどは、総社小学校で拝借。五升炊きのガス炊飯器4個は、総社ガスが無料で、貸してくれた。水を入れるポリ容器と食器類は、日本会議岡山の勝矢議長が、社長をされているカーツ株式会社が、岡山市内を走り回って調達して無償提供して頂き、感謝です。同行者は、秋山実、長代廣、渡辺教雄の3氏。特に長代氏は、奥さんの実家が熊本なので、やる気満々。炊き出しは、芋がゆに味噌汁とカレーを作ることに決定。カレーの材料1000人分は、岡山青果市場から、総社市の高杉商店さんが、取り寄せてくださり無償提供。肉は、坪井農園の坪井勇さんが、高級なイノシシ肉を100キロ無償提
供してくれ、「私も手伝いに、行こうか?」と言ってくれる有り様。水、資材、薪を積み込み、21日早朝出発。山口県の美東SAで、維新うどんを食べている時に、「お箸を買ってくるのを忘れてた。」と気付き、店長さんに「熊本へ炊き出しに行くのですが、お箸を分けて戴けませんか?」とお願いしたところ、両手に抱えきれないほどたくさん、持って出てくれて、「お金はよろしい。炊き出し頑張ってください。」とエールを送ってくれた。ここにも感謝です。熊本の植木インターチェンジへは、多久理事長が迎えに来てくれていて、渋滞の国道を迂回して熊本市東区秋津町へ到着。その日は、日本会議熊本の諸熊先生のお家に、泊めて頂き、翌朝、4時に起きて、秋津町のJA湖東支店で朝食をお作りした。問題発生。薪を燃やす大鍋のかまどを据える場所がない。困っていると隣の村田さんが被災されながらも、「我が家の庭へかまどを据えても良い。」と快諾してくださいました。昼ご飯と夕ご飯に、カレーライスをお作りしましたが、地元の奥様方のみならず、多くの小学
生の皆さんにも、お手伝いをして頂き、美味しいカレーが出来ました。昼食は、時間が遅れて、1時頃に出来上がったのですが、きちんと並んでお待ちくださる姿に、頭が下がりました。町内会長さん、JAの理事さんそして、側面的支援をして頂いた日本会議熊本の皆さん、自由民主党熊本県連の皆さん、高速道路の料金を無料にしてくれた植木インターチェンジ料金所の女性職員さんにも、感謝申し上げます。
何より、熊本の皆さんの人情に、心を打たれました。炊き出しが、終わって片付けをしている時、何人もの被災された方々が、「先ほどは、ご馳走になりました。お気をつけてお帰りください。」わざわざお礼に来られ、中には、西瓜まで、持って来てくれた方もおられて、恐縮致しました。その夜は、遅くなったので、多久理事長のお家に泊めて頂き、お酒もご馳走になりました。今回の炊き出しボランティアで、多くの経験をさせて頂きました。結論、ウルグアイのムヒカ元大統領が、日本人は、魂を失っていると言ったが、「日本人魂は、全国どこにでも、確実に生きています。」ご安心ください。
終わりになりましたが、熊本地震で被災された皆様に、心からお見舞いを申し上げると同時に、1日も早い復興をお祈り致します。
日本会議岡山竹内洋二

ここまで=========

日本会議の方や自民党の方が随分協力されました。

私のブログを読んでいる人は、えっとびっくりされるかもしれませんが、日本会議に入っているお友達も数人いますし、自民党の人もお友達です。

みんな同じなのは幸せな社会や平和な社会を望んでいること。
未来の子どもたちに美しい地球を残したいと思っていること。

それらは否定されることではないし、方法論や考え方が違うだけ。

今回の震災でも組織を持っていると、連携プレイができ、支援もスムーズにできるということ。
とっても参考になりました。

優しさや思いやりを忘れず、お互いにできることを出来る時にしていくことが大事ですね。

竹内さん、そして支援に協力してくださった日本会議の皆さん、自民党の皆さん、岡山の皆さん、ありがとうございます。
posted by m_ochiai at 09:24| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

旅行の必需品

スペインの旅行会社lowcostholidaysの「旅行の必需品、must-pack’travel items」によると
 (29カ国7500人投票)
What-to-pack-infographic1-e1460986944723.jpg
http://www.lowcostholidays.com/blog/travel-tips-and-inspiration/the-must-pack-travel-items-of-the-world/より
☆旅行の必需品
・日本人  味噌汁パック 56%
・イタリア人  モカコーヒー 64%
・フランス人  チーズ 53%
・英国人  ティーバッグ 48%
・ロシア人  トランプ 37%
・米国人  トイレットペーパー 32%
・スイス人  ポケットナイフ 30%
・スペイン人  ハム
・ドイツ人  ハリボー(グミ)
・オーストリア人 マナーのウエハース
・デンマーク人  レバーのパテ
・オランダ人   ハゲルスラグ(トッピング用チョコレート)
・ベルギー人  ワシャンジャ(手をいれて使うボディタオル) 66%
・ノルウェー人  ブルノスト(茶色チーズ)
・スウェーデン人 スヌース(嗅ぎタバコ)
・フィンランド人 サルミアッキ(不味い飴)
・カナダ人  クラマトジュース(貝スパイス入りトマトジュース)
・メキシコ人  チリソース
・中国人  インスタントラーメン
・香港人  ポケットティッシュ
・韓国人  キムチ
・シンガポール人 ミロ(ココア飲料)、溶液の上にさらに振り掛ける
・インドネシア人 サンバル(チリソース)
・オーストラリア人 ベジマイト(黒い塩辛ペースト、野菜と酵母?)
・ニュージーランド ケチャップ
・南アフリカ人  ルイボス(ハーブティー)
・ブラジル人  マテ茶
・サウジアラビア人 デーツ(ナツメヤシの実)

面白いですね
やっぱり生活習慣って、海外旅行中も離れられないんですね
posted by m_ochiai at 09:44| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする