2020年07月31日

新型コロナから 時代は変わる

 米国の4〜6月のGDPが年率換算で前年比32.9%落ち込むという報道がありました。
新型コロナウイルスによる影響にほかなりません。
特に、輸出が64.1%、輸入が53.4%と大幅に落ち込んでいます。
ちなみに日本のGDPの実質成長率はマイナス4.5%(民間試算では−5.4%)とリーマンショックの時のマイナス3.8%を超えています。

この数字を見ても、グローバルな経済を中心にした世界は変わりつつあるとわかります。
輸出入に頼る日本はどうなり、どうしていけばいいのでしょう。

農業においても、世界では輸出を主力にする「大規模企業型農業」より、地産地消型の「小規模家族農業」を再評価する動きが強まっています。

時代は、『地球村』的な小さな単位で自給し自立する決して大きくはないが確実な経済の節目に来ているのかもしれないですね。
お金に代わるものが出てきそうです。

山下惣一さんの記事が西日本孫新聞にありました。
とっても興味深いので、ぜひご覧ください。
▼過疎こそ最大の感染症対策だ 農民作家・山下惣一さん
(西日本新聞)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/629985/?fbclid=IwAR2AN8d7SZK4pN68Fwe4qweBso7InNYQzD29yq5I-nEDZ1XFaGV9EbCzEds
posted by m_ochiai at 11:37| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。