2017年05月05日

憲法改正について考えたこと

5月3日は憲法施行70周年を迎えました。
しかし、安倍首相らによって憲法は危機を迎えています。

「2020年に新憲法」と首相は表明しました。 
そのスケジュールは、2020年だから、
今年中には、テロ等対策法を可決し、
特定秘密法、安全保障法、テロ等対策法で
戦前と同じように情報を操作し、隠蔽をし、
自由にモノを言えない雰囲気を作り、
国民投票の時には憲法改正が必要なように思わせるでしょう。

安倍首相の二つのムチからもわかるように
「無知」・・・歴史を知らない
 押しつけ憲法だと思い込み、ポツダム宣言も加害責任も分かっていません。
 立憲主義、民主主義がわかっていません。
 「私は立法府の長」発言
「無恥」・・・恥を知らないから、すり替えやごまかし、きべんのかず

この二つの「ムチ」の合わせ技ですから、ひどいですよ。
「戦後レジュームからの脱却」と言いながら、米国追従、平和主義を潰す「集団的自衛権」「戦争法」
「丁寧な説明」と言いながら「強行採決」
「美しい国日本」と言いながら「人からコンクリート」「原発再稼働」
そして、憲法改悪。
「国民主権」「基本的人権」「平和主義」という特徴を無くしてしまって、
せっかく私たちが獲得した自由や平和、平等の権利を反故にして
昔が良かったでしょう!
昔の日本人は素晴らしかったでしょう!
そう、戻ろう昔に!とそそのかして
本当に昔にタイムトリップするつもりです。

それは、安倍首相のおじいさんの岸信介の時代の考え方ですよ!

衆参3分の2以上の議席があるうちに発議し、国民投票に持ち込むつもりです。
与党の改憲案をしっかり調べ、理解して、周りの人に伝えられるようになりましょう。
そして、次の衆議院選挙は絶対に与党とその補完勢力に勝たせてはいけないのです。

安倍首相は以前国会答弁で「憲法で国家権力を縛るというのは絶対王政時代の旧い考え方」との珍説を披露しています。
その首相が2020年憲法改正という目標を明言しているのですから、任せては置けませんね。
憲法改正云々言う前にまず憲法と立憲主義の勉強をしていただきたいと思います。
そしてこのような首相の下での憲法改正は危険極まりないことですので、みんなで阻止しましょう。sho_fj.jpg


posted by m_ochiai at 21:33| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック