2016年10月11日

北朝鮮の洪水と軍事威嚇

台風10号等の影響によって8月末から9月はじめ、北朝鮮では深刻な洪水被害が起こっている。
数百人が死亡、7万人が家を失い、人道支援を必要とする人は14万人に上るという。

しかし、国際機関は1550万ドル(約15億7000万円)の緊急寄付を呼びかけたが、これまでに集まった金額はその11%にとどまる。

現地の気温が0℃で、10月の末ともなれば氷点下になるが、石炭も灯油もない状況で、食料だけではなく環境も劣悪なのである。

そんな状況であるにも関わらず、10日からアメリカ軍と韓国軍の合同軍事演習は始まった。
これに北朝鮮は反発しており、15日までの期間中に弾道ミサイルの発射などを強行する可能性は排除できないと言われている。

これって悲しくない?
とっても苦しんでいる人がそばにいるのに、となりで俺様は強いんだぞ、逆らうなと威嚇する。
その威嚇に対して自国民の苦難を顧みず、何を、俺様だってすごいんだぞ〜!と
お互い人を殺すことを威張り始める。

これっておかしくない?

世界のどこでも同じような事が起こっている。
何をすることが一番大事なのかと考えたら、
命を大切にすることという答えしかない。

アメリカも韓国も合同演習はやめて、その費用をユニセフに寄付し、援助に力を貸そう。
金正恩も苦難にあっている国民に寄り添い、軍事費より食料や住宅支援にお金を回そう。

いがみ合いは何も生まないけれど、協力は調和を生み出すかも知れない。

日本も経済制裁は横に置いて、救援に力を貸そうよ。


CNNニュース
北朝鮮の洪水被害、窮状続く 病人増加・寄付も集まらず
http://www.cnn.co.jp/world/35089920.html
posted by m_ochiai at 23:24| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック