2021年05月29日

中村哲さん〜武器ではなく、命の水を

Eテレの中村哲さんの追悼番組のビデオをまたみる。

アフガニスタンの干ばつ地域に用水路をひいて緑の大地によみがえらせて60万人の人々の食料を賄えるまでにした医師、中村哲さん。

観ながら胸がいっぱいになる。

作業地の上を米軍のヘリコプターが盛んに過ぎていく。
彼らは殺すために空を飛び、
我々は生きるために地面を掘る。
彼らはいかめしい重装備、
我々は埃だらけのシャツ1枚だ。
彼らにわからぬ幸せと喜びが、地上にはある。
乾いた大地で水を得て、
狂喜する者の気持ちを我々は知っている。
水辺で遊ぶ子供たちの笑顔に、
はちきれるような生命の躍動を読み取れるのは、
我々の特権だ。
そして、これらが平和の基礎である。
         (中村哲 手記より)
72a65ab0f03030084d8c9e7ab7f9cff9.jpg

武器ではなく、命の水を!
〜医師中村哲とアフガニスタン〜より

目の前の現実を見て逃げ出さない、どうすれば解決できるか考え、縛られず突き進む。
その根源は、優しさ。
現地の人々を尊敬し信頼する度量の広さ。
素晴らしい方を失ったのは残念でなりませんが、次世代を育てようとしていた中村医師の思いは今もなお受け継がれていることでしょう。

posted by m_ochiai at 20:42| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんにゃく

今日5月29日は語呂合わせで「こんにゃくの日」だって。

こんにゃくは、コンニャク芋からできるのだけど3回も植え替えして2〜3年かかるって知っていた。
20年ほど前に「子ども冒険教室」のお手伝いでこんにゃく作りを体験したことがあるけれど、この時、こんにゃくのすごさを知ったのだ!

こんにゃくは、カロリーがほとんどなく食物繊維が豊富なことから、昔からいい伝えられてきた整腸作用、便秘解消だけでなく、現代人の悩みである肥満や生活習慣病の予防・改善などに役立つんだよ。

こんにゃくは芋といわれているのに血糖値を上げるブドウ糖を含んでおらず、かつ、低カロリーで食べ応えがあることから、糖尿病のリスクファクターである過食によるカロリーの摂り過ぎを未然に防ぐ効果もある。

こんにゃくは、卵並みのカルシウムを含有、かつ、胃の中で溶出され吸収されやすく、日本人が不足がちの食物繊維とカルシウムを摂取することができる優れもの!

田楽にしたり、ピリ辛炒めにしたり、
糸こんにゃくとすりゴマでたらこスパゲティ風にしたり
(糸こんにゃくをフライパンでちりちりと音がするまで炒める。
生姜汁と醤油大匙1杯を加え、すりごまをたっぷりかけて混ぜる。だけ)

色々楽しめるよ。

刺身やうどんなども出ている。
20210529_135901.jpg
20210529_135907.jpg


こんにゃくで健康ライフを楽しもう!


posted by m_ochiai at 14:09| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする