2020年06月19日

安倍政権の責任、うやむやにしないために

またまたやらかした安倍首相の関係不祥事。
今、ワイドショーなどでもちきりなのが河井元法相夫妻の逮捕

河井元法相夫妻の買収容疑等は
克行容疑者の関係先から押収されたリストなどから、約100人に対して克行容疑者が計約2400万円、案里容疑者が計約150万円を渡した疑いが持たれていることなどです。
今後、検察が実態を更に追及していくでしょう。

国民にとって、大きな関心事は安倍首相との関係です。

「克行容疑者が逮捕されたことで、参院選後に法相に任命した安倍政権への大きなダメージになるのは必至だ。参院選で自民党が案里容疑者側に1億5千万円の党資金を支出したことの是非も問われる。」(東京新聞)
河井夫妻が自民党離党しても安倍首相の責任はなくなりません。

この1億5千万円は国民の血税、自民党員の党費、企業献金から出されたのでしょう。

安倍首相は案里氏に異例の金銭的支援は、第一次政権下の参院選で自民が大敗した際、安倍首相の責任に言及、下野時代には安倍氏を「過去の人」と批判した広島選挙区の溝手顕正氏を落とすために仕掛けられたものだろう。
党のお金も私情、怨念を晴らすために使われたとみえます。

森友でも、検察人事でも桜を見る会でも政治をわたくししているのが見え見えなのに、

「反省しました。」と言っての反省のかけらも見えない。
その責任は一切取らず、うやむやに済ましてしまう。
「説明します。」と言っても問題と関係ない話をする。
こうしてごまかしてもいつの間にかうやむやに済まされています。

こんな政権を選んだ国民は責任を選挙で取るでしょう。
選挙に行かないなんて言うあなたは上記の人々と同類ですよ。
次回の選挙ではきっぱり決着をつけましょう!
posted by m_ochiai at 12:02| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする