2019年11月12日

冬の過ごし方と風邪の用心

11月8日から立冬に入り、今年の秋は、大きな台風被害が記憶に残るだけのあわただしさでしたね。
季節感が薄れていることもあるのでしょうが、温暖化による気候の変化を感じずにはいられません。

さて、冬の季節は栄養をためて養生するのにいい季節です。
早寝で起きるのは少し遅めに!
11月中に12月のことを済ませ、12月13日の事始めをゆったりと過ごすのがいいそうですよ。
tanabata1-530x410.png

お勧めのツボは
足の湧泉
手の魚際

食べ物は
血液の元になり、シミ、しわなど肌荒れを予防するもの
肺機能を強化するものとして、
蓮根や舞茸
体を温める猪の肉等がお勧め


風邪の季節だ
風邪にも2種類あって
ゾクゾクと悪寒がする風寒証
熱っぽい風熱証
症状によって対処の仕方が違います。


漢方を使う場合は、
風寒証のゾクゾクときたら、体力のある人は葛根湯。ない人は桂枝湯
風熱証の喉が痛い、咳、頭痛、熱っぽいときは銀翹散
しかし、1日2日で飲むのはやめること!

漢方でも副作用はきついですからね。

風邪は風門から入ってくるので
陳皮を煮出したお湯につけたタオルで
胸椎の2番目、後正中1.5寸(指2本分)外側辺りを温めます。
バケツにに出したお湯を入れ、三陰交がかぶるくらいの足浴
腎臓や肝臓を熱々に温めたこんにゃくでシップ。
うがいやのどの周りを温かくします。
そして寝る。のが一番いいと思います。
(私は大体これで治します)



自然に逆らわないで養生しましょう!
冬は「蔵」の季節。春に備えてしっかりいいものを蓄えましょう!


posted by m_ochiai at 20:50| 兵庫 ☁| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

温暖化解決に行動を!

映画「不都合な真実」でノーベル平和賞を受賞したアル・ゴア元米国副大統領の主催するクライメート・リアリティー・東京トレーニングに先月のはじめ2日間参加した。
平均38歳、800名余の人が熱心に温暖化問題を解決するための行動の起こし方と技術を学んだ。

トレーニング初日のアル・ゴア氏の2時間半を超える情熱のこもったプレゼンテーション、翌日は同じ内容を10分で伝えるプレゼンテーション。

そこで学んだ温暖化のリアリティには画像の効果もあり衝撃を受けた。
71歳のゴア氏のバイタリティのも脱帽だ。

トレーニングでは台風の大型化について気候変動とどのような関係があるかのスライドがあった。
1 海水温が上昇すると台風は発達する
2 台風の発達速度が大幅に上がる
3 暖かい大気はより多くの湿気を保ち、大雨につながる
4 海水面の上昇によって高潮が増える
5 大きく蛇行するジェット気流によって、同じ場所に台風が留まることがある

taifuuhikakud9c26922000008a054f18ea.jpeg
https://www.huffingtonpost.jp/entry/taifuu19gou-hijyounituyoi-2019oct_jp_5d9c245ae4b03b475f9ef071より

そして、トレーニング後、台風19号が日本を襲い、各地で大きな被害をもたらした。
まだ先々月の台風15号の大雨による被害から回復できていない地域も少なくない中の超大型台風の襲来である。

尊い人命が多数失われた。
お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りします。

また、家屋・家財道具の損害、経済活動へのダメージなど、知人が被災地応援に行った報告を聴くたびに広範に大きな影響をもたらした報告を聴くたびに、災害に対し、私たちが指をくわえて温暖化対策を怠ってきたツケではとショックを受ける。
今までのような温暖化対策では根本的な解決にはならない。
_109211896_057258904.jpg

https://www.bbc.com/japanese/50029221より


NPO法人ネットワーク『地球村』の高木代表は「私に頑張ってくださいと言わないで」と講演会で語りかける。
そうなんだ!

一人一人が解決の主体にならないと子どもたちの未来の選択肢はなくなるのだ。

「もう知っていることだ」「いまさら」などといわず、温暖化問題を家族や地域、社会に伝える人になり、一緒に解決していこう!

私も迷わず、伝える人、そして実践する人になると宣言する!

posted by m_ochiai at 09:20| 兵庫 | Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする