2019年04月01日

新しい元号「令和」

5月1日からの新しい元号が「令和」と決まった。
「令和」は日本最古の歌集「万葉集」から取られたもので、
これまでの元号はほとんどが中国の古典から選ばれており、
今回、初めて日本の古典から選ばれたとのことだ。

万葉集の梅を詠んだ歌は120首ほどあり、万葉の人々は梅をこよなく愛していたのだろう。

「令和」は、万葉集巻5の中で梅花の歌32首の序文から引用。、
この梅の歌は、天平2年の正月に、大宰府の大伴旅人の邸宅で開かれた新年の宴で、出席していた32人の客がそれぞれ梅を歌に詠んだもので
「令和」はその序文「初春の令月にして、清く風やわらぎ、梅は・・・」から引用したということです。


http://manyou.plabot.michikusa.jp/manyousyu5_815jyo.htmlより以下引用

天平二年正月十三日に、師(そち)の老(おきな)の宅(いへ)に萃(あつ)まりて、宴会を申(ひら)く。時に、初春(しよしゆん)の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(やはら)ぎ、梅は鏡前(きやうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(かう)を薫(かをら)す。加之(しかのみにあらず)、曙(あけぼの)の嶺に雲移り、松は羅(うすもの)を掛けて蓋(きにがさ)を傾け、夕の岫(くき)に霧結び、鳥はうすものに封(こ)めらえて林に迷(まと)ふ。庭には新蝶(しんてふ)舞ひ、空には故雁(こがん)帰る。ここに天を蓋(きにがさ)とし、地を座(しきゐ)とし、膝を促(ちかづ)け觴(かづき)を飛ばす。言(こと)を一室の裏(うら)に忘れ、衿(えり)を煙霞の外に開く。淡然(たんぜん)と自(みづか)ら放(ひしきまま)にし、快然と自(みづか)ら足る。若し翰苑(かんゑん)にあらずは、何を以(も)ちてか情(こころ)を述※1(の)べむ。詩に落梅の篇を紀(しる)す。古(いにしへ)と今(いま)とそれ何そ異(こと)ならむ。宜(よろ)しく園の梅を賦(ふ)して聊(いささ)かに短詠を成すべし。
※1:「述」は原文では「手」遍+「慮」
-----------------------------------------------
天平二年正月十三日に、大宰師の大伴旅人の邸宅に集まりて、宴会を開く。時に、初春の好き月にして、空気はよく風は爽やかに、梅は鏡の前の美女が装う白粉のように開き、蘭は身を飾った香のように薫っている。のみにあらず、明け方の嶺には雲が移り動き、松は薄絹のような雲を掛けてきぬがさを傾け、山のくぼみには霧がわだかまり、鳥は薄霧に封じ込められて林に迷っている。庭には蝶が舞ひ、空には年を越した雁が帰ろうと飛んでいる。ここに天をきぬがさとし、地を座として、膝を近づけ酒を交わす。人々は言葉を一室の裏に忘れ、胸襟を煙霞の外に開きあっている。淡然と自らの心のままに振る舞い、快くそれぞれがら満ち足りている。これを文筆にするのでなければ、どのようにして心を表現しよう。中国にも多くの落梅の詩がある。いにしへと現在と何の違いがあろう。よろしく園の梅を詠んでいささの短詠を作ろうではないか。
-----------------------------------------------

引用ここまで======

梅の歌を少し上げておきますね。

春さればまづ咲く宿の梅の花独り見つつや春日暮さむ 山上憶良(巻5ー818)
梅の花夢に語らくみやびたる花と吾思ふ酒に浮べこそ 大伴旅人(巻5ー852)
我が園に 梅の花散るひさかたの 天より雪の流れ来るかも 大伴旅人  (巻5-822)
梅の花咲きて散りなば桜花継ぎて咲くべくなりにてあらずや 張氏福子(巻5ー829)
梅の花 散り乱ひたる岡びには 鴬鳴くも春かたまけて 大隅目榎氏鉢麻呂 ( 巻5-838)
我がやどの 梅の下枝に遊びつつ 鴬鳴くも散らまく惜しみ 薩摩目高氏海人 (巻5-842)
posted by m_ochiai at 12:36| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする