2019年01月17日

危険を知らせるのアラーム

「地震です」「おおきな地震です」「これは防災訓練です」…と大音量でアラームが鳴り響きました。

今日17日は、24年前、阪神淡路大震災があった日。
この日を忘れてはいけないとアラームが教えてくれました。

24年前のその日、私は北九州市小倉北区の朽網というところに住んでいました。
夫を会社に送り出し、家事も一段落したころ、夫から電話。
「はよテレビつけ!大変なことになっている」
何が何だかわからず、テレビをつけると神戸のまちが大地震で潰れている画像、煙の上がっている画像…
「えっ!何…」
「電話が通じへん。そっちからも電話してくれ」
詳しい事情は分からないが関西で大地震があったことは理解して、夫と私の実家に電話を掛けましたが一向につながりません。

心配は増すばかり。

テレビの画面にくぎ付けになりながらも電話をかけ続けました。

午後3時ごろに義父からみんな命は大丈夫だったとの電話で一安心。
義父は公衆電話からかけてきました。
家の電話は使えないし、電気もガスも水道も駄目とのこと。

夫は翌日には携帯のコンロや水、食料などをもって実家まで行きました。
電車もありませんし、ふつうはたどり着けませんが、会社の関西の仲間の助けもあり、なんとか実家にたどり着いたのです。

夫の実家は半壊。実家の隣に建てた私たちの家は被害なし。
「よく命が助かったものだ」と喜びました。

私たち家族や親戚は幸いにけがもなく、無事でしたが、
たくさんの方が尊い命落とされました。
やっぱり地震は恐ろしいです。

お亡くなりになられた方々に謹んで哀悼の誠を捧げます。


私は1カ月後に行きましたが、町中埃でマスクなしでは入れない状態。
大きなビルは道をふさぐように倒れ、鉄骨をあらわにしていました。
1カ月もたってその状態だから、神戸にお住いの皆さんはさぞ怖かっただろうと思います。



この大震災を機に、耐震化やボランティア支援など多くの取り組みがなされてきました。
だから神戸はボランティアの発祥の地です。

日本は災害の多い国だと肝に銘じ、そのための政策が進められるべきなのに、なんだか反対の原発推進とか、避難困難者や災害関連死等の課題は山積しています。

政治が責任をもって、「忘れない」ことです。

記憶し、継承し、常に最善を尽くす。

今日も防災訓練のアラームが鳴り響きましたが、
安倍政権にこそこの危険を知らせるアラームを鳴り響かせたいと思いました。

posted by m_ochiai at 10:54| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

成人式のやり方

今日は成人の日

二十歳の皆さん、おめでとうございます。


昔は1月15日の小正月だったけれど、
今は第2月曜日が成人の日。
salon_point25.jpg

町には振袖や盛装の若者がいっぱいいるのでしょうね。
華やかでしょうね。
と思っていたけど、三宮界隈ではそんなにたくさんいなかったわね。


昨年、成人年齢が18歳に引き下げられる改正民法が成立、
2022年4月からは18歳から成人。
この年か、次の年は18歳、19歳、20歳が成人式の臨むのだから3倍ね。
すごくにぎやかになるわね。

今は一般的には町の文化ホールとか公会堂で全市を上げて成人式を大々的に執り行うところが多いけれど、今まで通りでは開催がむつかしいわね。
新成人で実行委員会を作り、自分たちで成人式を企画する方法を採用している町もあるけど、同じくどうするのかしら。


まぁ、いろいろな工夫もあるんだけれど、成人式のやり方について根本的に考え直した方がいい潮時かもね。

たとえば、成人式を地区ごとにするとか、学区ごとにするとか、こじんまりした方が身近な大人たちも新成人を祝って、それぞれに責任をかんじられていいんじゃない。


ご存知のように、公職選挙法の改正で、選挙権はすでに20歳から18歳に引き下げているけれど、20歳と18歳の違いより、それまでにどんな教育をし、大人になっていくのかが重要。

その点日本の教育は失格よね。
成人式が教育問題にまで飛び火する問題ということ、知ってもらいたかった。

今日のお話はここまで。
posted by m_ochiai at 17:31| 兵庫 ☀| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

首相のウソを拡散するNHK

NHK番組「日曜討論」で、安倍首相は辺野古の埋め立てについて
「土砂投入に当たって、あそこのサンゴは移している」
と事実と違うことを発言した。
NHKという公共放送、公共の電波を使ってフェイクである。

安倍首相がうそつきであることはとっても知られていることである。
そして日本国民としてはとっても恥ずかしいことである。

この発言は放送前の事前収録インタビューであるにもかかわらず
NHKはこの発言をチェックもしないで放送したのだ。

意図的な印象操作をNKHも結託してやったと言われても仕方がないだろう。

「県民に寄り添う」だの「普天間基地の早期返還」だの「最大限努力する」だの
こんなうそをだれが許してきたのだろう。

このままでは馬鹿な国民は本当だと信じてしまう。

これはだれの責任なのだ。
うそつきだとマスコミはもっと声を上げ、
嘘つきは泥棒の始まりだと国民も声を上げ、
国会で取り上げてやめさせるまでは、首相のウソ、NHKの件な報道を非難し続けよう。



琉球新報社説
https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-858590.html

安倍晋三首相が米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の埋め立てについて「土砂投入に当たって、あそこのサンゴは移している」と、事実と異なる発言をした。一国の首相が自らフェイク(うそ)の発信者となることは許されない。

 NHK解説副委員長の質問に対して首相は、土砂を投入している区域のサンゴは移植しており、砂浜に生息する絶滅危惧種を砂ごと移す努力もしていると述べた。これらは事実ではない。
 現在土砂が投入されている区域ではサンゴの移植は行われていない。埋め立て海域全体で約7万4千群体の移植が必要で、終わっているのは別の区域の9群体のみだ。他のサンゴ移植は沖縄県が許可していない。砂ごと生物を移す事業も実施していない。
 首相の発言は準備されていたはずである。簡単に確認でき、すぐに間違いと指摘されることを、なぜ堂々と言うのだろうか。県民の意向を無視し違法を重ねて強行している工事の実態から国民の目をそらすため、意図的に印象操作を図っているのではないか。
 首相は「全く新しく辺野古に基地を造ることを進めている」との誤解が国民にあると述べ「誤解を解かなければいけない」として、危険な普天間飛行場を返還するために辺野古に基地を造るのだと強調した。
 この点についても多くの疑問や批判が沖縄側から出されてきた。移設先が県内でなければならない理由はないこと、普天間にない軍港や弾薬庫などの機能が備えられること、新基地の完成時期が見通せないこと、完成しても普天間が返還される保証がないことなどだ。
 これらに対する説明を避けたまま、政府は普天間固定化か新基地かという身勝手な二者択一論を押し付けてきた。それが今回も繰り返された。
 政府首脳による事実と異なる発言はこれまでも続いてきた。菅義偉官房長官は普天間飛行場返還合意のきっかけを、少女乱暴事件ではなく事故だったと強弁し続けた。
 普天間飛行場の5年以内の運用停止について首相は「最大限努力する」と約束していたが、実現の見通しのない空手形だった。これも意図的なうそだったのではないか。
 首相が頻繁に口にし、今回も最後に述べた「沖縄の皆さんの気持ちに寄り添っていく」「理解を得るようさらに努力する」という言葉も、フェイクにしか聞こえない。
 今回、もう一つ問題があった。事前収録インタビューであるにもかかわらず、間違いとの指摘も批判もないまま公共の電波でそのまま流されたことだ。いったん放映されると訂正や取り消しをしても影響は残る。放送前に事実を確認し適切に対応すべきだったのではないか。放置すれば、放送局が政府の印象操作に加担する形になるからだ。
posted by m_ochiai at 20:58| 兵庫 ☁| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月02日

己亥の年によせて新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
今日はもう2日です。
どんな元旦をお迎えになりましたか?

初日の出の写真を撮られた方
きっと幸先のいいスタートが切れるでしょう。
1546384670829.jpg

大みそかは夜更かしして、元旦はお昼過ぎに起きた方
ゆるりとした一年を過ごされるでしょう。


大勢の家族や親戚に囲まれて元旦のあいさつをされた方
明るくにぎやかな年が続くでしょう。


一人で元旦の朝を迎えた方
来年は二人の元旦になるかもと希望に胸膨らます年になるでしょう。


今年の我が家のおせちは #オイシックス に頼んで手抜きをしました。
家ではここまで手が込んだものはできないので、おいしかったし、よかったです。
KIMG2821.JPGKIMG2820.JPG


おみくじは幸福度が1000%の大吉

人それぞれ、新しい年のスタートですね。

さて、今年は己亥の年。
三年間の変剋律の中年になります。
変剋律は予想もできない大きな変化の年になり、その変化の結果が固定化する三年間です。

昨年は大災害があちこちで起こり、株価が乱れ、政治は不信の真っただ中なのに、その政治がのうのうと続けられている。
今年は、それよりも大きな変化が訪れると予想されます。。

過去の事例からも亥の年は地震や災害が多いです。
1707年に富士山が大噴火(宝永大噴火)、1779年には桜島が大噴火(安永大噴火)、1923年(大正12年)の関東大震災があった年です。

戦後から見ると
1947年(昭和22年) 農地改革、財閥解体
1959年(昭和34年) 米のドル防衛、なべ底景気、伊勢湾台風、福島東方方地震、皇太子と美智子さまがご成婚
1971年(昭和46年) ニクソンショック、円変動相場制移行
1983年(昭和58年) 造船不況、三宅島噴火、日本海中部地震、大韓航空機撃墜事件
1995年(平成 7年) 円高戦後最高値1ドル79円、阪神大人災、地下鉄サリン事件、「もんじゅ」でナトリウム漏れ事故
2007年(平成19年) 防衛省発足、原油高、食品の値上げ、食品偽装、消費、賞味期限の改ざん問題、年金情報漏えい問題、サブプライムローン問題が翌年のリーマンショックの引き金に

過去の事故、事件、災害や経済の不安定さも亥の年が断然多いですね。

今年、2019年(平成31年)を見てみると
3月英国EU離脱、4月統一地方選挙、5月天皇譲位、7月参議院選挙、10月消費税引き上げ10%に
と、先が予想されます。

相場や商売の格言に「戌亥の借金、辰巳で返せ」とあるように景気は底まで落ちるでしょう。

2020年の東京オリンピックが無事開催できれば、5年後の辰の年には回復しているということでしょうが、どうも今回は少し様子が違うような気がします。

このままの政治が続けば、格差が来年あたりで固定化されて、貧しいものはより貧しく、富める者はより豊かになっていくでしょう。
それが嫌なら、選挙で種を植えましょう。
戌年が耕作地を休ませて、亥年は種をまく年。
大きな変化の中で、平常心をもって今と未来を見つめて、新しい一歩を進めていきましょう。

立憲も国民も共産党と仲良くしてください。
野党が連合し統一名簿を作り、自公をコテンパンにやっつけてください。

格差社会の固定化なんて真平です。

平和でみんなが幸せな社会にしていきましょう

皆さんが平穏無事で幸せな一年でありますように!

posted by m_ochiai at 12:37| 兵庫 ☔| Comment(0) | 風水・気学・天文学・素質論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする